にこにこ桃日和

運動会

今日は小学校の運動会でした。

朝、お弁当を作っていたら、おにいが起きて来て「俺、自分で詰めるけん、おかずが出来たら言って」と。

そして、自分で詰めたおにい。

出来上がりを見てみたら、おー!すごい!野菜いっぱい入れてる!

2016.05.21 運動会 087

もっと肉肉しいお弁当が出来上がると思っていた私はびっくり。

どうやら数日前の保健だよりに理想的なお弁当のバランスというのがのっていて、それを思いながら詰めたそうです。

でも、あまりに野菜ばかりなので、白ごはんの上に牛丼の残りをのせたのは私です^^;



あとは大人用。

毎年、重たい弁当箱を持っていってたのだけど、疲れるので今年は軽さ重視で。

2016.05.21 運動会 088

帰ってから捨てるだけっていうのも楽チンで良し。




そして、学校へ。

今年はおにい赤組、みにこ白組でした。


まずはみにこの80m走。

6コースで走るみにこは一番外のコースなので、みんなよりたくさん走るのが嫌だと言っていました。

「スタートが前の方でしょ、みんな距離は一緒よ」と言っても納得せず。

2016.05.21 運動会 006

結果、6人中6位。

多分、練習でもビリだったから自分が一番たくさん走ると思ってたのかな。




続いて、おにいの障害物競争。

2016.05.21 運動会 008



平均台では2回も落ちてやり直してました。

2016.05.21 運動会 009

練習ではバランス重視でいったけど、本番はスピード重視で行ったら失敗した、とあとで作文に書いていました(笑)



跳び箱こえて、

2016.05.21 運動会 012



玉入れして、

2016.05.21 運動会 014



ハードルして、ゴール!

2016.05.21 運動会 016

途中で巻き返して、3位でした。

頑張った!




続いて、みにこの障害物競争。

2016.05.21 運動会 023



おにいと同じように袋に入ってジャンプ。

2016.05.21 運動会 026


網をくぐって、

2016.05.21 運動会 028



カードをめくったら縄跳びの絵だったので、縄跳びしてゴール!

2016.05.21 運動会 034



80m走に続いて、障害物もビリだったみにこ。

6位の位置に座ったら泣いていました。

2016.05.21 運動会 036

あとで聞いたら「2つともビリだったから泣いとった。だって私負けず嫌いじゃもん」と言ってました。

負けず嫌い、いいじゃない。

その気持ちで次、頑張って!




それからおにいの騎馬戦。

おにいは下で支える係だけど、上に乗っている子が大将なので、強い!

2016.05.21 運動会 046



相手の帽子をしっかり取っていました。

2016.05.21 運動会 054



いったんお昼休憩をはさんで、午後の部。

おにいの100m走。

2016.05.21 運動会 070

こちらも3位でした。

タイムが近い子同士で走らせてくれるみたいで、ダントツに遅いとかないのがいいわー。




そして、みにこのデカパン競争。

前の子たちがなかなか脱げなくて手を伸ばして待ってました。

2016.05.21 運動会 078


2人でデカパン履いて走る!

2016.05.21 運動会 080




最後は恒例の全員による大玉送りで終わりました。

2016.05.21 運動会 085



今年は赤組の勝利。



午後からすごく暑くて、焼けた~。

帰ってぐったりでした。

スポンサーサイト

漢字ノート 4年生

おにいの漢字ノート。

4年生になってちょっと成長したのか見てみました。


2015.10.02 漢字ノート 001

「十才の男の子が苦い胃薬を飲む」
「九才の女の子が苦くない胃薬を飲む」

ほとんど同じ文。手抜き―。




2015.10.02 漢字ノート 003

「出席番号十六番の男の子が席にすわる」
「出席番号二十九番の女の子がいすにすわる」

また同じ手を使ってる(笑)




2015.10.02 漢字ノート 006

「六七才のおじさんが夜の街角を自転車で曲がる」

2行使って一文でいいと覚えた日。




2015.10.02 漢字ノート 007

「街角の電灯の前を六十一才のおじいさんが通る」

またおじいさんが街角を通った(笑)




2015.10.02 漢字ノート 008

「関東地方から引っこして来た十才の男の子がてんこうした」

引っ越して来たのにもう転校。




2015.10.02 漢字ノート 009

「二十八才の男の人が愛さい家といううわさがある」

よく知ってんなー愛妻家なんて。




2015.10.02 漢字ノート 011

「十一才の女のひとが不思議な見かくにん生物について議問を持つ」

不思議○

議問×

見かくにん×

こんなに間違えてるのにシャッと丸。




2015.10.02 漢字ノート 013

「昭和時代に十三才の人がテレビの音をカセットで録音していたのを見た人」

なぜ昭和を知っている?!




2015.10.02 漢字ノート 015

「45才の漁しの人が2キログラムのまぐろの大物をつったらしい」

2キロ!ちっさ!!




2015.10.02 漢字ノート 016

「PTCでパン食いきょう争の時にはあのクロワッサンがほしい人」

あのクロワッサン(笑)




2015.10.02 漢字ノート 023

「七才の男の子の今日の夜飯はスープと白ご飯とハンバーグとキャベツの千切りらしい」

こらこら。晩ごはんをばらすな。




2015.10.02 漢字ノート 022

「吉田家の照明が付かなくなったから付近にある店にかえにいったらしい」

そして突然始まった吉田家シリーズ。




2015.10.02 漢字ノート 024

「吉田家の長男と長女の年れいの差が二才らしい」

それは君たちのことでは?




2015.10.02 漢字ノート 025

「吉田家がクッキーを型ぬきする時 形で子どもたちがもめたらしい」

ほら、やっぱり自分たちのこと。




2015.10.02 漢字ノート 026

「吉田家が友だちの家旅をよんで一万二千円そう当の肉を買ったらしい」(家族の字が違う)

これは我が家ではないなぁ。理想?




2016.03.08 漢字ノート 001

「吉田家が住んでいる家は関東地方の千葉県の借家らしい」

吉田家、千葉県在住なのね。




2016.03.08 漢字ノート 002

「吉田家がとなりで火事があったので百十九番おそうとすると百十番をまちがえておしてしまったらしい」

そそっかしいなー。




2016.03.08 漢字ノート 003

「吉田家のお父さんが孫たちにけっこんして子孫をのこしてくれよ。と言ったことがあるらしい」

お父さん、もう孫までいるの?!




2016.03.08 漢字ノート 004

「レストランで食べ終わった吉田家の末っ子が満足してまたそこに行きたいと思ったらしい」

それは良かった。




2016.03.08 漢字ノート 005

「吉田家の全員がいっしょに吉田家の旗を作ってみたらしい」

吉田家の旗(笑)




2016.03.08 漢字ノート 006

「吉田家が前作った吉田家の旗をお父さんが印刷機で旗をコピーしていっぱい作ったらしい」

さらにコピーまでした(笑)




2016.03.08 漢字ノート 007

「吉田家の住んでいる場所は千葉県の長生郡にあるらしい」

郡まで判明!




2015.10.02 漢字ノート 027

そして、とうとう吉田家の家族構成が分からなくなったおにい。

紙の端くれに家族構成を書きだしてました。

なんか色々と突っ込みどころ満載だわ。





~おまけ~


今日のテッド。

会議中だそうです。

議題「どうしてだるまに目がないのか」

2016.03.05 テッド 001


マラソン大会

今日はマラソン大会でした。


マラソン大会を頑張ってもらうため、事前におとうから提案がありました。

みにこは30位以内だと自分のお金でゲームを買ってもよし、女子の10位以内だとお父さんがゲームを買ってあげる。

おにいは70位以内だと自分のお金でゲームを買ってもよし、60位以内だとお父さんがゲームを買ってあげる。

自分のお金で買ってもよし、って自分のお金で買う権利もないのか(笑)



去年40番台だったみにこはそれを聞いて張り切って練習していました。

毎日毎日「今日はグランドを何周走った」と報告。

運動靴もボロボロになって買い替えたり。


去年80番台だったおにいは「俺には無理」とはなから諦めモード。




そして本番。

まずは2年生のみにこから。

1km走ります。

スタートでは中ほどにいたみにこ。

2016.02.24 マラソン大会 011



ほどなくして戻ってきた!

そして最後にラストスパートかけて2人一気に抜かしました。

2016.02.24 マラソン大会 018

結果、24番。

そして女子6位!

すごーい!

よく頑張った!




そして、おにいたち4年生。

1.2kmです。

2016.02.24 マラソン大会 038


たくさんの子たちが戻ってくるなか、まだかまだかと待っていたらやっと帰ってきた。

2016.02.24 マラソン大会 044


結果92番。

あちゃー。

2016.02.24 マラソン大会 045


いつも思うのだけど、みにこはこういう提案があったら張り切るタイプ。

おにいは大体「どうせ無理」と最初から諦めるタイプ。

プラス思考のみにことマイナス思考のおにい。

いつもいつもマイナス方向にしか考えないので、一度怒って「そのマイナス思考な考え方が嫌なんよ!その考え方やめてくれん?!もっと前向きに考えて」とお願いしたことがあります。

そしたら、泣きながら「無理。俺にはこういう考え方しかできんのんよ。それはできん!」と言われてしまいました。

マイナス思考は止められないらしい(笑)




その後、友達とランチへ。

段原のAKISAKURAさんへ。

2016.02.24 マラソン大会 046


ランチメニューの中からパスタランチをチョイス。

2016.02.24 マラソン大会 047


サラダ、フォカッチャ、ケークサレ。

2016.02.24 マラソン大会 048


パスタはじゃこと大葉のパスタ。

2016.02.24 マラソン大会 049


デザート。

2016.02.24 マラソン大会 050


笑いの絶えないメンバーで、今日もあっという間に時間がたちました。

楽しかったー!



二分の一成人式

今日はおにいの二分の一成人式がありました。


第一部は教室で。

まずは「こんな大人になりたいな」をテーマにそれぞれ好きな漢字を2つと、どういう大人になりたいかを発表。

「ぼくの好きな漢字は夢です。子供たちに夢を与えられるような大人になりたいです」

「わたしの好きな漢字は笑です。いつも明るく笑顔でいられるような大人になりたいです」

みたいな感じで、「夢」「笑」「友」とかが多かったかな。



おにいの発表は後半。

一体、何の漢字にするんだろう・・・とわくわくしていたら、


「ぼくの好きな漢字は作るです。任天堂というゲーム会社でデザイン専門の仕事をして、キャラクターや背景などをデザインしたいと思ってこの字を選びました」

2016.02.17 二分の一成人式 006



「もうひとつの漢字は食です。おいしいものがわかる大人になりたいと思ってこの字を選びました」

2016.02.17 二分の一成人式 007


わぁ。

おにいらしい(笑)

思わず笑ってしまいました。


おいしいもの、もう充分わかってるでしょ、君。

もうそれ以上、舌、肥えなくていいから。(お腹も)

私のようになんでも美味しいと思えるバカ舌のほうが幸せだよー。


それから、リコーダー演奏や「ぼくたち私たちの思い」をみんなが一言ずつ言ってくれたり、歌を歌ってくれたりしました。



第二部は体育館に移動。

運動会で踊ったソーランをやってくれました。

2016.02.17 二分の一成人式 015

みんなちゃんと覚えてるんだねぇ。

一生懸命やっていて、見ていて気持ち良かったです。



それから1年生~現在までのスライドショー。

2016.02.17 二分の一成人式 029

写真がかわるたびに子供たち大爆笑してました。



それから全員で合唱。

2016.02.17 二分の一成人式 035



最後に親子で集合写真を撮って終わりました。




今回の二分の一成人式のために事前にインタビューがありました。

結局、それを使った行事はなかったんだけど、ファイルでも作るのかな。

赤ちゃんの頃のことや3歳ぐらいのときのこと、小学校入学頃のこと。

アルバムやブログ見ながら思い出して、なんとか答えました。

思い出しながら、小学校入学して1,2年の頃が一番大変だったなぁと。

こうちゃん6歳のカテゴリを読み返すと、とにかくイライラするやり取りが多くて。

今思えば、あれは反抗期だったんだなぁと。

それで「あんときがおにいの反抗期だったんよねぇ。あー良かった!もう反抗期が終わったわ!良かった良かった」とつぶやいてたら

おにい、にやっとして「母さん、俺、まだ思春期きてないんじゃけぇ。まだこれからあるかもよ」


いやいやいや。

もう勘弁してほしいわー。

あれで終わり。

そういうことにして。




願いは叶う

今日は子供会でグランドゴルフがありました。

我が家は4人で参加。

親も一緒にプレーしました。

コースを周りながら、最終コースでふと「1回くらいはホールインワンやってみたいなぁ」とつぶやいたら、同じチームの人に「どうぞどうぞ、やりんさい。誰も止めんよ」と言われました。

「そうよね(笑)」言いながら、打ったら、、、

なんと、ホールインワン!

「なんでも言ってみるもんじゃねぇ」と大喜びしました。




夜はばあば達とキャナリィロウへごはんを食べに行きました。

そこで、今日のホールインワンの話をばあばにしたら、

「そうよ!言葉にして出すことが大事よ!なんでも言ったらその通りになるんだから」とばあば。

こうちゃんにも、そんなことをしっかり言い聞かせていました。


その後、あれやこれや食べ過ぎてヤバい顔をしていたこうちゃん。

昔、まだこうちゃんがおむつの頃、う○こをするときには、そうしているのがわかるような顔つきをしていました。

その顔のことを私は勝手に「う○この顔」と言っていたのだけど、かなり久しぶりにこうちゃんのう○この顔を見ました。

懐かしかった~!

でも食事中に「う○この顔」とは言えないので「あんた、ヤバい顔しとるよ!トイレ行ってきんさい」と勧める私。


そして、トイレに行ってなかなか戻ってこないこうちゃん。

トイレが長いのはいつもの事なので、そんなに心配はしていなかったのだけど、帰ってきたら「吐いた」と。


腹十分目どころか十二分目ほども食べてしまって、苦しくて苦しくて吐きたかったけどなかなか出なくて。

それでばあばに言われたことを思い出して、トイレに誰もいないことを確認して「俺は吐く!!」って声に出して言ったって。

そう言って、自分で背中をさすっていたら吐けたって(笑)


願いは叶う、ってなんか使い方を間違ってる気がしないでもないけど・・・

まぁいっか(笑)